抵当権設定の申請

抵当権設定の概要(Record of Mortgage)

 船舶登録後、いつでも東京支店で抵当権を設定できます。抵当権を設定する最低2週間前に下記書類のドラフトを東京支店にメールで送付ください。本部にてすべての書類を確認いたします。内容を確認後、オリジナルをご提出下さい。オリジナルの抵当権を東京支店で設定を行います。抵当権設定後、当日中にCOE(Certificate of Ownership and Encumbrances)を1部発行しお渡しいたします。同時にCertified Extract of the PM Indexを発行し、各Mortgageに添付して3部お返しいたします。

抵当権設定の申請

抵当権設定の約2週間前までに提出する書類(ドラフト)

First Preferred Mortgage (FPM)
Memorandum of Particulars (MOP)
Power of Attorney (POA) 又はCertificate of Corporate Resolution

抵当権設定の約2日前までに提出する書類(オリジナル)

First Preferred Mortgage (FPM) 4 部
Memorandum of Particulars (MOP) 1 部
Power of Attorney (POA)又はCertificate of Corporate Resolution 1 部
※抵当権の数によりそれぞれにFPM, MOP, POA 等の準備が必要です。
※複数の抵当権を設定する場合にはConsent of Mortgage Letter をご提出下さい。

抵当権設定費用

US$600.00-/1 件

規定フォーム及びサンプル(MOP)

[WORD FILE] [PDF FILE]
※MOPのみ弊社規定フォームをご利用下さい。

登記日数

東京又は今治事務所で即日登記が可能です。